English site
トップページ
お知らせ
平松啓一センター長がトムソン・ロイターの高被引用論文著者に選出
平成27年度大学院生募集要
「市中型メチリシン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)による家族内皮膚軟部組織感染症の分子疫学的検討」実施についてのご報告
「さいたま市における市中型メチリシン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)による感染症の分子疫学的検討」実施についてのご報告
平成26年度大学院生募集要
COEのご紹介
COEとは
感染制御科学創設
ファカルティー
スタッフ紹介
お問い合わせフォーム
メンバー紹介
業績 2012年
業績 2013年
活動報告と予定
DICSの大学院生コース
カリキュラム
基礎講義日程
英語教育
海外招聘講師によるレクチャーシリーズ
平成20年度募集要項
協賛
2009年度 大学院カリキュラム
ICD短期トレーニングコース
2008年度ICDトレーニングショートコース受講者募集
ICDショートコースプログラム開講のお知らせ
カリキュラム
DICSの業績
論文
総説・本
特許
その他
感染制御活動
プレスリリース
感染対策委員会
スタッフ紹介
院内感染予防ガイドライン
感染対策チーム(ICT)
ICNのページ
活動の報告
雑記帳
感染症の話題
最近の論文から
リンク
感染症リンク
お問合わせ
順天堂大学大学院
医学研究科
環境と人間
感染制御科学教授
教授 平 松 啓 一
TEL:03-5802-1040
FAX:03-5684-7830
E-mail
リンク集
サイトマップ

感染制御科学創設

COE感染制御科学における教育と研究の概要

本拠点は、文部科学省の援助により順天堂大学大学院医学研究科病理系に平成15年より新設された大学院教育・研究プログラムで, 教育面では,大学院と大学付属病院, 基礎科学と臨床科学を融合した,世界初の感染制御のための専門的な人材育成プログラムです。
また研究面では,皮膚科学,小児科学,小児外科学,形成外科学,泌尿器科学,呼吸器内科学,感染症学などの臨床諸科,さらに細菌学,免疫学,寄生虫病学,公衆衛生学,生化学,病理学など様々な基礎科学の研究経歴を持った研究者が共に「感染制御科学」という融合領域の研究を振興するために, 連絡を密にして,研究しています.

CDC など世界各国の研究機関,病院と協力関係を結び,,特にアジアを中心とした研究,教育のネットワークの強化をめざし,台湾, 韓国,タイ,マレーシアなどの研究者の研究指導も行っています.

履修コースには, 本科とショートコースがあります.

本科は,4年間(成績優秀者は3年で修了可)の博士号取得のコースです. 卒業生には医学博士号 (感染制御科学博士;Doctor of Infection Control Science: DICS)を授与します。
ショートコースは6ヶ月のInfection Control Doctor (ICD)認定コースで, 医学博士号は取得できませんが,実際に現場(病院)で感染対策を行う指導者のminimum requirementを履修するコースです.
本科では, まず,感染症の臨床訓連に加えて, 病原体の分子疫学, 人の生体防御病機構の基礎的研究, 抗微生物薬の特性と耐性の研究などを通じて科学論文を作成し, 一方,多くの著明な国,内外の講師陣により,感染制御学,感染症学,基礎医科学の系統講義を受講し,臨床細菌検査室,病院感染対策室での実習を行います.平成20年からは,米国Mayo Clinicの感染症専門医トレーニングコースとも連携し,感染症の臨床訓練も行います(医師資格保有者のみ).

short courseは, 現実に感染対策責任者として実働中あるいは実働予定の臨床医で,長期の修学ができない方のために平成19年から併設予定のICDのコースで,minimul essentialの基礎知識の講義と臨床実習により短期間の内に, 感染症学・感染制御の基礎知識, 抗生物質の使用法, 臨床細菌検査の実際, 病院疫学, 病院内での感染制御システムの構築, 感染対策マニュアル作成などを学習します.


(文責 平松啓一)

順天堂大学院COEプロジェクト | 病院感染予防のための国際的教育研究拠点。

Copyright (C) 2009 Juntendo University. All Rights Reserved.